スタッフコラム「ゴルフボディを作る」

第499回 捻転差アップ!ゴルフストレッチ

トータルゴルフフィットネス、トレーナーの菅原です。
今回は飛距離アップで重要な要素の一つになる『捻転差』について、解説とエクササイズのご紹介をさせて頂きます。

捻転差とは・・・

皆さんは捻転差というものをご存知ですか。
バックライン時の骨盤のラインと肩のラインの回転の差を捻転差と言います。

適切なスイングで、この捻転差のパワーを使うことができれば、ヘッドスピードが上がり飛距離アップに繋げる事が出来るのです。
そして、捻転差が生まれなければ腕を使ってスイングスピードを高めなければいけません。これが”上半身の力み”の原因の1つになってしまいます。

捻転差を高めるためには、骨盤を安定させ状態で上半身がうまく回る必要があります。
バックスイング時に骨盤も肩も右に回ってしまっては、パワーを生む為の捻転差が生まれません。
今回は捻転差を作る上で重要になってくる、上半身の柔軟性にフォーカスして、エクササイズをご紹介していきたいと思います。

動画にてエクササイズのご紹介をしていますので是非ご覧ください。

捻転差を高めるエクササイズ

膝倒し

1つ目のエクササイズです。
  1. 両膝を立てたまま仰向けになり両手を横に広げます。
  2. 膝を左右に倒します。
  3. 左右10回交互に行います。
ポイント
・左右の肩が浮かないように注意します。

腰捻りストレッチ

2つ目のエクササイズです。
  1. 仰向けになり両手を横に広げます。
  2. 片足は伸ばし、もう片足は膝を90度に曲げ浮かします。
  3. 浮かせている足を逆側に動かし身体を捻ります。
  4. 片側5回ずつ行います。
ポイント
・左右の肩が浮かないように行います。

スコーピオンストレッチ

3つ目のエクササイズです。
  1. 両手を広げうつ伏せになります。
  2. 片足を浮かし逆側に動かし身体を捻ります。
  3. 片側5回ずつ行います。

うつ伏せ上半身捻りストレッチ

4つ目のエクササイズです。
  1. うつ伏せになります。
  2. 片手を浮かし反対側に捻ります。
  3. 片側5回ずつ行います。

まとめ

1日3分で出来る『捻転差を上げるストレッチ』をご紹介しました。
マット1枚分のスペースで出来るエクササイズとなっていますので、是非実践してみてください。

動画にてエクササイズを実践しながらご紹介していますので合わせてご覧ください。

自分の可動域をしっかり把握するために

トータルゴルフフィットネスでは、ゴルファーの願いを最短で叶えるために、トレーナーとコーチが連携してカラダのチェック・スイングのチェックを行います。
『カラダの問題点』『ゴルフスイングの問題点』を明確にし、効率的なゴルフスイングを身につけるための提案を行います。
ゴルフレッスンだけではなかなか修正が難しかったフィジカル面の課題もゴルフ専門のトレーナーがしっかりと見極めて改善へ導きます。



菅原 賢
トータルゴルフフィットネス支配人
2002年からJGTOツアー帯同トレーナー・LPGAツアー帯同トレーナーとして数多くのプロゴルファーを優勝に導く。2007年には、ゴルファーを一生涯ゴルフができる環境を作りたいと「トータルゴルフフィットネス」を東京新宿に設立。アマチュアからプロゴルファーのゴルフフィットネスの聖地として数多くのゴルファーから支持されている。現在もJOC日本オリンピック委員会医科学強化スタッフとしてアスリートを指導している。
ゴルフスイングの改善やそれに必要な身体の動かし方をもっと具体的に知りたい方、今のスイングからステップアップしたい方に、トータルゴルフフィットネスのゴルフボディチェックをお勧めします。トレーナーがマンツーマンでゴルフに必要な身体の動きをチェック(12項目以上)、さらにゴルフコーチによるスイング分析を行って、身体とスイングの両方から課題を洗い出し、的確なアドバイスをさせて頂きます。
菅原 賢
菅原 賢

トータルゴルフフィットネス支配人。2022年からJGTOツアー帯同トレーナー・LPGAツアー帯同トレーナーとして数多くのプロゴルファーを優勝に導く。2007年には、ゴルファーを一生涯ゴルフができる環境を作りたいと「トータルゴルフフィットネス」を東京新宿に設立。アマチュアからプロゴルファーのゴルフフィットネスの聖地として数多くのゴルファーから支持されている。現在もJOC日本オリンピック委員会医科学強化スタッフとしてアスリートを指導している。

の記事