スタッフコラム「ゴルフボディを作る」

第90回 ゴルフコーチによる飛距離アップレッスン 〜リストコック編〜

皆さん、こんにちは。ゴルフコーチの赤坂です。

今月のコラムを担当させていただきます。
今回のテーマは飛距離アップです!

飛距離アップの為の「腕」「上半身」「下半身」それぞれの理想の動きを、3回に分けて、ご紹介します。

この、3つの動作が上手く使えると必ず飛距離は伸びます。

1回目は、腕(リストコック)の使い方です。

コックと聞くと手打ち(手先)の動作なのでは?と思う方もいらっしゃると思いますが実は違います。
手打ちとは、体の枠から腕が外れてしまう事です。

手首を上手く使えるとヘッドの運動量も増えますので、ヘッドスピードのアップに繋がります。

是非、試してみてください!

ゴルフスイングの改善やそれに必要な身体の動かし方をもっと具体的に知りたい方、今のスイングからステップアップしたい方に、トータルゴルフフィットネスのゴルフボディチェックをお勧めします。トレーナーがマンツーマンでゴルフに必要な身体の動きをチェック(12項目以上)、さらにゴルフコーチによるスイング分析を行って、身体とスイングの両方から課題を洗い出し、的確なアドバイスをさせて頂きます。
赤坂 友昭
赤坂 友昭

福岡県出身。JGTOのツアーカードを保有。現在は、世界No1コーチのレッドベター氏との交流をはじめ、世界のゴルフ施設でノウハウを蓄積した日本ゴルフスイング研究所のレッスンメソッドを基に、レッスン活動を行っている。

キーワード

の記事