スタッフコラム「ゴルフボディを作る」

第15回 ゴルフで腰痛になる人のためのストレッチ (2)

こんにちは。トレーナーの谷崎です。

ゴルファーのための「腰痛」ストレッチ方法、前回からの続きで、今回は骨盤前傾型のためのストレッチをご紹介します。

チェック方法は、前回「第14回 ゴルフで腰痛になる人のためのストレッチ (1)」をご覧くださいね。

骨盤後傾型のためのストレッチ

骨盤前傾の場合は、一見姿勢が良さそうに見えますが、腰が反りすぎているため、腰の筋肉が緊張状態になります。

これは腰痛が起こりやすい状態です。

骨盤が前に傾き、腹筋が弱くなります。腸腰筋の硬さも骨盤前傾を助長します。

是非ストレッチを続けてみてください!

1. 腸腰筋のストレッチ
脚を前後に開き腰を落とします。前脚に体重を乗せていきます。後ろ脚の太もも前側のつけ根、鼠径部のあたりが伸びるように行います。両脚とも行います。伸ばす時間は約10秒です。
2. 腰のストレッチ
仰向けに寝て、両膝を抱えます。膝を自分の胸に近づけるようにグッと抱え込みましょう。自分が丸くなるようなイメージでおしりが少し床から離れるくらいまで行いましょう。「10数えて、ゆるめて」を3回繰り返します。
3. だるまローリング
体育座りの姿勢から、膝を抱えたまま後方に転がります。身体をCの字に丸めたまま、あまり反動を使わないようにしてそのまま起き上がります。10回行いましょう。
4. 臀部のトレーニング
四つ這いの姿勢になり、片脚を後ろへ伸ばします。踵で後ろの壁を蹴るようなイメージで行いましょう。左右各10回ずつ3セット行います。
5. 骨盤を傾けるトレーニング
椅子に座り骨盤を触りながら骨盤を前後に傾けます。後ろに傾けるときは、仙骨を座面につける感じです。このとき腹筋を使います。前に傾けるときは、胸を張って腰を反らすようなイメージです。10回行いましょう。
ゴルフスイングの改善やそれに必要な身体の動かし方をもっと具体的に知りたい方、今のスイングからステップアップしたい方に、トータルゴルフフィットネスのゴルフボディチェックをお勧めします。トレーナーがマンツーマンでゴルフに必要な身体の動きをチェック(12項目以上)、さらにゴルフコーチによるスイング分析を行って、身体とスイングの両方から課題を洗い出し、的確なアドバイスをさせて頂きます。
谷崎 美樹
谷崎 美樹

日本体育協会公認アスレティックトレーナー、柔道整復師。ゴルフトレーナーとして、主にトータルゴルフフィットネスでパーソナルトレーニング指導を行っている。自身もゴルフが好きでベストスコアは70台。ファンクショナルトレーニングで効率よくゴルフボディを作ることを得意としており、プロゴルファーからアマチュアゴルファー、ジュニアゴルファーまで幅広く指導中。また、整形外科でリハビリテーションを担当していた経験から、痛みのある方へのトレーニング指導も行っている。特に腰痛改善トレーニングは希望者が多い。

の記事