スタッフコラム「ゴルフボディを作る」

第509回 アウトサイドイン撲滅!簡単肩周りのストレッチ

トータルゴルフフィットネス、トレーナーの菅原です。
今回は上半身の力が上手く抜けない方のための改善エクササイズをご紹介します。

ご自身のスイング動画を振り返ってみて、上半身の動きがスムーズではなかったり、すごく力み感が強いと感じることはありますか?
年齢を重ねたりすると上半身の緊張が原因で身体の動きが固くなってしまったり、それがより原因になり悪い動きがスイングに出てきてしまいます。
その動きの原因をなくすためには肩周りの柔軟性や肩周りを柔らかく動かすことがすごく大切です。
そこで今回は、ご自宅になる壁やゴルフ場でもできるような簡単なエクササイズをご紹介させていただきます。

動画内にてトレーナーの動きを見ながら一緒にエクササイズを実践してみてください。

エクササイズ紹介

肩の縦のストレッチ

1つ目のエクササイズは肩の縦の動きのストレッチです。
  1. 両手を肩幅に開き壁に手をつきます
  2. 息を吐きながら胸を地面の方へ近づけるように身体を倒します
ポイント
・肘を伸ばししっかりと胸を張ります

肩の斜めのストレッチ

2つ目のエクササイズは肩の斜めの動きのストレッチです。
  1. 肩の角度を45度にして壁に手をつきます
  2. ゆっくり反対側に身体を捻ります
  3. 反対側も同様に行います
ポイント
・胸周りをしっかり開く意識でストレッチします

肩の水平のストレッチ

3つ目のエクササイズは肩の水平の動きのストレッチです。
  1. 肩のラインで壁に手をつきます
  2. ゆっくり反対側に身体を捻ります
  3. 反対側も同様に行います
ポイント
・胸をしっかり開く意識でストレッチします

肘曲げ状態での肩ストレッチ

4つ目のエクササイズは肘を曲げたまま行う肩のストレッチです
  1. 肘を90度にして前腕を壁につけます
  2. ゆっくり反対側に身体を捻ります
  3. 反対側も同様に行います
ポイント
・胸をしっかり開く意識でストレッチします

肩の回旋のストレッチ

5つ目のエクササイズは肩の回旋の動きのストレッチです。
  1. 壁際に立ちます
  2. 壁側の手を後ろ回しで大きく回します
  3. 反対側も同様に行います
ポイント
・手をなるべく大きく動かします

まとめ

今回は上半身、特に肩周りの柔軟性を上げるエクササイズをご紹介しました。
肩や胸周りの硬さが原因でアウトサイドインの動きを作ってしまうこともありますので、しっかりと柔軟性を高める取り組みをしましょう。

アウトサイドインを撲滅するために!

トータルゴルフフィットネスでは、ゴルファーの願いを最短で叶えるために、トレーナーとコーチが連携してカラダのチェック・スイングのチェックを行います。
『カラダの問題点』『ゴルフスイングの問題点』を明確にし、効率的なゴルフスイングを身につけるための提案を行います。
ゴルフレッスンだけではなかなか修正が難しかったフィジカル面の課題もゴルフ専門のトレーナーがしっかりと見極めて改善へ導きます。



菅原 賢
トータルゴルフフィットネス支配人
2002年からJGTOツアー帯同トレーナー・LPGAツアー帯同トレーナーとして数多くのプロゴルファーを優勝に導く。2007年には、ゴルファーを一生涯ゴルフができる環境を作りたいと「トータルゴルフフィットネス」を東京新宿に設立。アマチュアからプロゴルファーのゴルフフィットネスの聖地として数多くのゴルファーから支持されている。現在もJOC日本オリンピック委員会医科学強化スタッフとしてアスリートを指導している。
ゴルフスイングの改善やそれに必要な身体の動かし方をもっと具体的に知りたい方、今のスイングからステップアップしたい方に、トータルゴルフフィットネスのゴルフボディチェックをお勧めします。トレーナーがマンツーマンでゴルフに必要な身体の動きをチェック(12項目以上)、さらにゴルフコーチによるスイング分析を行って、身体とスイングの両方から課題を洗い出し、的確なアドバイスをさせて頂きます。
菅原 賢
菅原 賢

トータルゴルフフィットネス支配人。2022年からJGTOツアー帯同トレーナー・LPGAツアー帯同トレーナーとして数多くのプロゴルファーを優勝に導く。2007年には、ゴルファーを一生涯ゴルフができる環境を作りたいと「トータルゴルフフィットネス」を東京新宿に設立。アマチュアからプロゴルファーのゴルフフィットネスの聖地として数多くのゴルファーから支持されている。現在もJOC日本オリンピック委員会医科学強化スタッフとしてアスリートを指導している。

の記事