利用者様
予約

スタッフコラム
「ゴルフボディを作る」

STAFF COLUMN

第500回 簡単に解決!ショートアイアンが右に飛ぶ原因

トータルゴルフフィットネス、トレーナーの江澤です。

今回のコラムは記念すべき第500回!
毎週コツコツと書き続けて、ついに10年が経過しました。読んでくださる皆様のおかげです。本当にありがとうございます。
そしてこれからもどんどんゴルフに役立つ最新情報を発信していきますので、どうぞTGFのゴルフコラムをよろしくお願い致します!

さて、私の最近のゴルフの悩みである『短い番手だと右に出てしまう』理由を、ゴルフコーチの橋本さんに解説と改善レッスンをして頂きたいと思います。

ここ最近のコースの出来事なのですが、ピッチングや9番アイアンなど短めのクラブでグリーンを狙ったショットを打つと、右に飛びグリーンを外してしまうという事が多々あります。
そんな悩みを解決するために、橋本コーチにレッスンしてもらいます。

動画にてレッスンの流れを確認することができますので是非ご視聴ください。

ショートアイアンが右に飛ぶ理由

解説

実際にフライトスコープを使用し、江澤トレーナーの右に飛んでしまうという悩みを解析していきましょう。

フライトスコープで測定したデータがこちらです。

入射角もピッチングにしては、ほぼ水平で入ってきていて少しすくって打っているような感じです。
フェースもかなり右に向いて当たっています。

スイングの面で言うと、ボールをセンターより右に置いてしまっているため、ダウンスイングがインサイドからきすぎると、フェースが開いて右にプッシュアウトする傾向があります。

ボールをセンターよりも右に置くときは、高さを抑えた低いショットなどの特殊な時に使用する場合なら効果的な手段です。
センターより右にボールを置くと、インサイドアウトが強くなりすぎてフェースが開いて当たりやすくなりターゲットよりも右に押し出すような球になりやすくなります。
なので、パー3などのショートアイアンで打つ場合は、真ん中より右にしないほうが良いです。

このようなボール位置でも、ハンドファーストに入ってくるとボールの掴まりも良くなるのですが、リリースも早く右に残ったような感じで振ってしまうと、フェースが開いたままになりますので、このようなプッシュアウト系の球が出やすくなります。

どうやって修正するか

この結果を踏まえて江澤トレーナーが実施するべきことは2つあります。

  1. ボールの位置をセンターにする
  2. 肩が早い段階で上がらないようにスイングをする

この2つを意識して実際にスイングをしてください。

意識した後のスイングがこちら 右へのプッシュアウトの強い球を修正する事ができました。
その他のデータの数値を見ると フェースアングルも理想的な数値になり入射角もダウンブローになっています。
その結果つかまったボールを打てている状態になっています。

ボールの位置を変えたことにより、インサイドアウトが強かったクラブパス(スイング軌道)も理想的な数値になりました。

まとめ

ショートアイアンでの右にプッシュアウトしてしまうミスは、認識違いによってボールの位置を右にしてしまっていたと言うことが1番の原因でした。
ボールの位置をセンターにおくことにより、クラブパスのインサイドを適正な数値に戻すことができ右プッシュアウトのミスをなくす事ができます。
右プッシュアウトでのミスで悩んでいる方は、一度ボールの位置を確認して、右に置きすぎであれば、是非センターに置く意識でスイングしてみてください。

動画内にて実際のレッスン内容が見ることができますので、是非ご視聴ください。

【分析・解説】橋本 潜

トータルゴルフフィットネス ゴルフコーチ
1994年に渡米、カリフォルニア州サンディエゴ近郊のREDHAWK G.Cを拠点にUSPGAツアー予選会やゴールデンステートツアーに参戦。その他オーストラリアンツアーQTスクールなども経験する。
2011年には国内で初めて弾道測定器フライトスコープをゴルフレッスンに導入し新飛球法則とDプレーン理論を基本にレッスンを行う。
また、ゴルフフィットネスを取り入れることの重要性を認識しJGFOやTPIの知識も取り入れながら技術的な指導のみではなくフィジカルとテクニカルの両面からサポートしながら行っている。

橋本 潜

最新機器でスイングチェックを!

トータルゴルフフィットネスでは、ゴルファーの願いを最短で叶えるために、トレーナーとコーチが連携してカラダのチェック・スイングのチェックを行います。
『カラダの問題点』『ゴルフスイングの問題点』を明確にし、効率的なゴルフスイングを身につけるための提案を行います。
ゴルフレッスンだけではなかなか修正が難しかったフィジカル面の課題もゴルフ専門のトレーナーがしっかりと見極めて改善へ導きます。

ゴルフスイングの改善やそれに必要な身体の動かし方をもっと具体的に知りたい方、今のスイングからステップアップしたい方に、トータルゴルフフィットネスのゴルフボディチェックをお勧めします。トレーナーがマンツーマンでゴルフに必要な身体の動きをチェック(12項目以上)、さらにゴルフコーチによるスイング分析を行って、身体とスイングの両方から課題を洗い出し、的確なアドバイスをさせて頂きます。

詳しくはこちら

江澤 彬写真

江澤 彬

スポーツの世界で様々な競技、チームでトレーナーとして関わり、甲子園出場校のトレーナーや女子プロゴルフツアー帯同トレーナーとして賞金女王のサポートなど行う。またパーソナルトレーナーとして多くの会社経営者、著名人、アーティスト、アスリートのサポートをしている。トータルゴルフフィットネスではテクニカルマネージャーとして「より長く、より上手く」をコンセプトにゴルファーの健康とパフォーマンスに貢献するサービスの提供と、選手育成担当として世界に通用する自己管理能力の高いアスリートゴルファー育成に尽力している。

スタッフ紹介へ

コラム一覧へ

まずはお気軽に体験から

TRIAL

見学、ゴルフレッスンのみ体験も受け付けております。
お気軽にお申し込みくださいませ。

詳しく見る

トータルゴルフフィットネス オンラインショップ
上部へスクロール