トータルゴルフフィットネス

利用者様
予約

スタッフコラム
「ゴルフボディを作る」

STAFF COLUMN

第575回 肩痛や肘痛で悩まされないために行う10分間トレーニング

トータルゴルフフィットネス トレーナーの小宮です。

今回は『 肩痛・肘痛 』に対してのゴルフトレーニングをご紹介します。
ゴルファーの方で、肩や肘を痛めている方、痛めたことがある方は数多いと思います。
肩や肘の痛みの原因にはスイングの動きの問題が多く関わっています。
スイングに問題があると耳にすると、スキルの問題と思い練習を多く重ねる方が多いです。
ですがこれは逆効果になる場合が多いです。
スイングの問題は身体の問題で起きている場合も忘れてはいけません。
可動域の問題や運動機能の問題、身体が動かない動かせないといった問題の結果、スイングのミスに繋がります。

トレーニングを行うメリットは身体の自由度が増し、運動学習のスピードを向上させる事です。
肘痛や肩痛は体幹部分(特に胸椎)の動きが少ないため、腕の振りが大きくなることや肘の曲げ伸ばしの動きが大きくなることで痛みのリスクが高くなります。
これらの痛みのリスクを減らすために今回もトレーニングをし、痛みのないゴルフライフを過ごしていきましょう。

動画にて詳しくトレーニングをご紹介していますので併せてご覧ください。

目次

  1. エクササイズ紹介 〜ウォーミングアップ〜
    1.1 リーチアンダーストレッチ
    1.2 HK サイドベントストレッチ
    1.3 HK ソラシックローテーションSHER
  2. エクササイズ紹介 〜コアトレーニング〜
    2.1 デッドバグ オルタネイト
    2.2 ヒップツイスト
    2.3 TK A’s
    2.4 TK ターン&リーチ
  3. エクササイズ紹介 〜ストレングストレーニング〜
    3.1 ベントオーバー リアレイズ
    3.2 サイドステップ ローテーション
  4. まとめ
  5. 痛みで悩まないゴルフボディを作るために!

エクササイズ紹介 〜ウォーミングアップ〜

リーチアンダーストレッチ

  1. 四つ這いになり右手を左手の間に通します
  2. 真っ直ぐ伸ばしていきます
  3. 反対側も同様に行います
ポイント
・身体が左右に流れないように行います

HK サイドベントストレッチ

  1. 左足を前に出し片膝立ちになります
  2. 右手を真上に伸ばし、左手は真下に伸ばします
  3. 身体を左側に倒し、右側面を伸ばします
  4. 反対側も同様に行います
ポイント
・身体が前に倒れないように行います

HK ソラシックローテーションSHER

  1. 右足を前に出し片膝立ちになります
  2. 左手で右膝を押さえ、右手は頭の後ろに置きます
  3. 右肘を開きながら身体を右に捻ります
  4. 反対側も同様に行います
ポイント
・前側の膝が身体と一緒に流れないように行います

エクササイズ紹介 〜コアトレーニング〜

デッドバグ オルタネイト

  1. 仰向けになり手足を前上に伸ばします
  2. 右手左足を遠くに伸ばします
  3. 左手右足を遠くに伸ばします
  4. 交互に行います
ポイント
・腰が床から離れないように行います

ヒップツイスト

  1. 仰向けになり両手を真横に伸ばします
  2. 膝を曲げ足を浮かせます
  3. 左右に足を倒します
ポイント
・左右の肩が床から離れないように動きます

TK A’s

  1. 両膝立ちになります
  2. 手を斜め下に伸ばします
  3. 背中を寄せるように手を広げます
  4. 繰り返し行います
ポイント
・肩がすくまないように行います

TK ターン&リーチ

  1. 両膝立ちになります
  2. 両手を胸の前で合わせます
  3. 右に身体を捻り、胸の前に手を伸ばします
  4. 反対側も同様に行います
ポイント
・身体が左右に流れないように行います

エクササイズ紹介 〜ストレングストレーニング〜

ベントオーバー リアレイズ

  1. アドレス姿勢になります
  2. 両手を身体の前に伸ばします
  3. 片手を背中側に上げるようにしながら身体を開きます
  4. 反対側も同様に行います
ポイント
・肩がすくまないように行います

サイドステップ ローテーション

  1. アドレス姿勢になり身体の正面で手を伸ばし合わせます
  2. 右足を1歩横に踏み出します
  3. 踏み出すと同時に腕と身体を右に捻ります
  4. 反対側も同様に行います
ポイント
・身体を捻った際に横にブレないように行います

まとめ

今回は肩や肘の痛みに対してのトレーニング内容をご紹介させて頂きました。
腕の動きより胸椎と呼ばれる体幹部分の動きを大きくすることで痛みのリスクを減らす事ができます。
肩や肘に痛みは身体の原因だけでなくスイングの原因も関係していますので、現在取り組んでいるスキルの向上や練習も欠かさず行ってください。
痛みの原因は様々ありますので、ご自身の痛みの原因を明確にしたい方は是非トータルゴルフフィットネスの体験でお待ちしております。

痛みで悩まないゴルフボディを作るために!

トータルゴルフフィットネスでは、ゴルファーの願いを最短で叶えるために、トレーナーとコーチが連携してカラダのチェック・スイングのチェックを行います。
『カラダの問題点』『ゴルフスイングの問題点』を明確にし、効率的なゴルフスイングを身につけるための提案を行います。
ゴルフレッスンだけではなかなか修正が難しかったフィジカル面の課題もゴルフ専門のトレーナーがしっかりと見極めて改善へ導きます。

ゴルフスイングの改善やそれに必要な身体の動かし方をもっと具体的に知りたい方、今のスイングからステップアップしたい方に、トータルゴルフフィットネスのゴルフボディチェックをお勧めします。トレーナーがマンツーマンでゴルフに必要な身体の動きをチェック(12項目以上)、さらにゴルフコーチによるスイング分析を行って、身体とスイングの両方から課題を洗い出し、的確なアドバイスをさせて頂きます。

詳しくはこちら

小宮 諒写真

小宮 諒

東京スポーツ・レクリエーション専門学校卒業。在学中に地域密着型スポーツクラブを選択し、ジュニアから高齢者、アスリートなど幅広いお客様の評価、トレーニング指導を経験し様々な痛みやパフォーマンスアップを担当。その人にあったトレーニングを提供することによりゴルフの結果だけではなくトレーニングの楽しさや素晴らしさ、変化などを実感してもらえることをテーマにしている。

スタッフ紹介へ

コラム一覧へ

まずはお気軽に体験から

TRIAL

見学、ゴルフレッスンのみ体験も受け付けております。
お気軽にお申し込みくださいませ。

詳しく見る

トータルゴルフフィットネス オンラインショップ
上部へスクロール