スタッフコラム「ゴルフボディを作る」

第264回 ゴルフ前・ゴルフトレーニング前のストレッチ2

皆さん、こんにちは
トレーナーの捧花奈です。

今回は上半身の回旋(ひねり)をメインとした、ダイナミックストレッチをご紹介します!

ゴルフではテイクバックからフォロースルーまで、上半身と下半身の「分離」運動が必要となってきます!

この「分離」ができないと、ひとかたまりに身体が動いてしまい、身体の故障や飛距離が伸びないなどの悩みが出てくると思います。

ゴルフでは「力み」を取ってあげることで、身体をしなやかに使え、けがの予防や飛距離アップにもつながってきます。

しなやかに身体を使うには、まず可動域が必要となっていきます。
肩甲骨回りの動きが出にくい方や、捻転差が欲しい方は、是非試してみてください♪

また、ダイナミックストレッチは動かしながら筋肉を伸ばすストレッチなので、必ず呼吸を止めずに、余計な力、特に肩の力み感が出ないように心がけて行ってみてください!

次回は、上半身の伸展のダイナミックストレッチについてご紹介いたします!

ゴルフスイングの改善やそれに必要な身体の動かし方をもっと具体的に知りたい方、今のスイングからステップアップしたい方に、トータルゴルフフィットネスのゴルフボディチェックをお勧めします。トレーナーがマンツーマンでゴルフに必要な身体の動きをチェック(12項目以上)、さらにゴルフコーチによるスイング分析を行って、身体とスイングの両方から課題を洗い出し、的確なアドバイスをさせて頂きます。
捧 花奈
捧 花奈

帝京平成大学トレーナー・スポーツ経営コース卒業。大学では予防とコンディショニング、トレーニング科学等のスポーツ医科学領域と共に経営についてのカリキュラムも履修。また、高齢者体操教室、女子サッカー、大学ラグビー、マラソン救護等の幅広いスポーツ種目、年代のトレーナー活動を行った。現在は多くのゴルファーに自立してトレーニングできることを目標に自身の身体への興味、1つ1つのトレーニングの目的の理解をしていただけるようなトレーニング指導をしている。

の記事