スタッフコラム「ゴルフボディを作る」

第267回 ゴルフ前・ゴルフトレーニング前のストレッチ5

皆さん、こんにちは
トレーナーの捧花奈です。

今月最後のコラムです。
今回は、下半身の前面のダイナミックストレッチです。

前回のもも裏の硬さは、どちらかといえば男性の方が多いのではないでしょうか?
今回のもも前の硬さは女性に多いかと思います。

もも前やつけ根が硬くなると骨盤は前に傾き、腰が反ってしまいます。
腰が反ったままスイングしてしまうと、コアが抜けてパワーが出しにくくなると同時に腰に負担がとてもかかってしまい、腰痛の原因にもつながります。

もも前の硬さは、うつ伏せで寝てゆっくりと片足の踵をお尻につくか確認してみましょう。
また、もものつけ根の硬さをみるには、仰向けに寝た状態で片膝抱えておなかにくっつけます。
この時に伸ばしている方の膝裏が地面から離れ、膝が曲がっていたらかたまっています。

硬さがみられる方は下の動画をご覧ください。

できましたでしょうか?
今月はダイナミクストレッチをいくつかご紹介させていただきました。

自分はどこが硬くてどのストレッチを選べばよいのかわからない方や、ダイナミックストレッチでわからないことがある方は、TGFへ是非お越しください!
あまり時間をかけず、無駄なくゴルフの練習前やラウンド前に行うべきストレッチを、個別でお伝えできればと思います!

ゴルフスイングの改善やそれに必要な身体の動かし方をもっと具体的に知りたい方、今のスイングからステップアップしたい方に、トータルゴルフフィットネスのゴルフボディチェックをお勧めします。トレーナーがマンツーマンでゴルフに必要な身体の動きをチェック(12項目以上)、さらにゴルフコーチによるスイング分析を行って、身体とスイングの両方から課題を洗い出し、的確なアドバイスをさせて頂きます。
捧 花奈
捧 花奈

帝京平成大学トレーナー・スポーツ経営コース卒業。大学では予防とコンディショニング、トレーニング科学等のスポーツ医科学領域と共に経営についてのカリキュラムも履修。また、高齢者体操教室、女子サッカー、大学ラグビー、マラソン救護等の幅広いスポーツ種目、年代のトレーナー活動を行った。現在は多くのゴルファーに自立してトレーニングできることを目標に自身の身体への興味、1つ1つのトレーニングの目的の理解をしていただけるようなトレーニング指導をしている。

の記事