スタッフコラム「ゴルフボディを作る」

第147回 TPIエクササイズ (12) 頚椎回旋テスト

こんにちは、トレーナーの小谷です。
今回ご紹介するのはTPIシリーズ第12弾 頚椎回旋テストです。

このテストでは首周りの可動域を調べます。
特に肩こりなどある方は、首周りの筋肉が張っていたり、筋膜の制限なども考えられます。
また頚椎の関節に炎症がある方は可動域に制限が生じます。

ゴルフスイングでは、上半身の動きに頚椎の硬さは影響してきます。
ラウンドで疲れた後や、仕事での首の疲れにも効果のあるエクササイズをご紹介しています。

自宅でも出来るエクササイズなので、是非TRYしてみてください!

ゴルフスイングの改善やそれに必要な身体の動かし方をもっと具体的に知りたい方、今のスイングからステップアップしたい方に、トータルゴルフフィットネスのゴルフボディチェックをお勧めします。トレーナーがマンツーマンでゴルフに必要な身体の動きをチェック(12項目以上)、さらにゴルフコーチによるスイング分析を行って、身体とスイングの両方から課題を洗い出し、的確なアドバイスをさせて頂きます。
小谷 博文
小谷 博文

体と心のバランスがスポーツには必須条件です。体だけ強く鍛えていても、それを支える心(メンタル)が強くなければいいパフォーマンスにはつながりません。小さい頃から成功哲学を学んできた中で結果の出し方や目標達成の方法など、パフォーマンスの向上につなげていくサポートをさせていだだきます。

の記事